大阪北新地の歯科クリニックです。保険診療から高品質な審美歯科(自費診療)まで取り扱っております。

医療法人 優祉会 デンタルケアステーション堂島


インプラント治療なら当院にお任せください!!

インプラント治療イメージ

当院のインプラント治療費用について

様々なケースにより費用は変わりますが大体1本30万円~40万円

臼歯か前歯、歯周病の進行具合や骨の状態により、治療費が変わります。
当院はわかりやすいように、診断の時点で患者様にどれくらい費用がかかるのかのお見積りを提示いたします。
難症例でも受け入れているからこそ、様々な治療に対応すべく費用も患者様単位でオーダーメイド致します。

※自費診療


熟練のインプラント技術

優祉会のドクター

優祉会グループのインプラントドクター

虫歯や歯周病治療のスキルの延長線上にある先進治療の口腔外科・インプラント治療に長けた熟練ドクターが各クリニックの院長を務めています。
若いドクターであっても、みっちりと大学病院などで歴史に裏付けられた最新のインプラント技術を専修したドクターも在籍しております。


当院で使用するインプラント

インプラント手術イメージ

信頼性のあるインプラントメーカーを選ぶという事

インプラントにも様々なメーカーがあります。日本で流通しているメーカーだけでも日本国内で流通している物で50社から100社のインプラントメーカーがあるといわれています。
中でも欧州のインプラントメーカーは大変信頼性があり、北欧などインプラント治療が保険で受けられる国があり、世界の歯科インプラントの技術をけん引しています。

デンツプライ社 ザイブインプラント
ザイブインプラント

当院が使用するのは歯科で世界最大のメーカー/ドイツ製インプラント

世界最大の歯科メーカーであるデンツプライシロナ社のインプラントラインナップである、ドイツ製のXiVE(ザイブ)インプラントを使用しています。

※FRIADENT® plus(フリアデントプラス)と言う特殊な表面性状が特徴

インプラント表面にブラスティング処理を施した後、高温で酸エッチング処理を行い、表面に均一で微小な凹凸 [おうとつ] を作り出すことで骨の細胞の付着を促進して、インプラントと顎の骨の結合を早めることができます。

【優祉会グループ内 DCS堂島限定】
ノーベルバイオケア社 ブローネマルクインプラント
ブローネマルクインプラント

『歯科用インプラント』において世界トップシェアの老舗企業

世界で初めて、近代インプラント治療の礎を築いた「ブローネマルク博士」【※詳しくは当ページ最下部参照】の名を冠するインプラントの通り、このインプラントメーカーはその本人ブローネマルク博士により立ち上げられたメーカーです。現在もなお最先端のインプラントを研究・製造を行っております。

スパーク陽極酸化処理された酸化チタンのタイユナイト表面性状

インプラントの表面には、長年の研究で培われた、ノーベルバイオケア独自のスパーク陽極酸化処理された酸化チタンのタイユナイト表面性状を特徴としています。
これにより、速やかな骨形成を促し、治癒期間中の安定性が高まり、治療を長期的な成功へと導くことができます。

【優祉会グループ内 DCS堂島限定】
ノーベルバイオケア社 ノーベルリプレイス
ノーベルリプレイス

ブローネマルクと同じノーベルバイオケア社のラインナップの一つで、ブローネマルクシステムには無い形(テーパー型)のラインナップがあり、ブローネマルクシステムと併用することにより、様々な症例に対応することが可能です。表面性状も同じくタイユナイト処理が施されており、スムーズな骨との結合が見込めます。
ノーベルバイオケア社によると、2018年現在世界で最も使用されているインプラントだそうです。

汎用性で高機能な2ピースインプラントを使用

1ピースインプラント・2ピースインプラントのイメージ図

インプラントには1ピースインプラントと2ピースインプラントの2種類あります。
1ピースは一回法という手術に適用できます。
2ピースは「ねじ」の部分と接合部分が分かれているインプラントの事を言い、
術式も「1回法」「2回法」どちらにも対応でき、接合部分に角度を持たせることにより、
前歯の場合に見た目の綺麗な埋入が可能であったり、
難症例に対応できたりと様々なメリットがある代わりに高価である事のみがデメリットです。


治療の流れ

※治療完了まで最短3カ月~

  • 治療の流れイメージ1
    1.インプラント治療 術前診断

    失われた歯の数、骨の硬さ・大きさ、位置により治療法には様々な選択肢があります。
    CTスキャン(3Dレントゲン)などによって充分な診断の後、総合的に検討した上で、治療計画が立てられます。


  • 治療の流れイメージ2
    2.あごの骨への処置

    歯がまだある人は、抜歯し歯の抜けた後を綺麗にして、骨の治りを早くする処置をして、一度縫合し、経過を見ます。
    すでに歯が無い人でも、必要であれば、あごの骨量(幅・厚み)がない人は骨を足す処置を行い、経過を見ます。


  • 治療の流れイメージ3
    3.インプラント埋入手術

    局所麻酔であごの骨にインプラントを埋め込みます。
    ※骨の状態など、様々な条件により手術方法(1回法・2回法)が異なります。


  • 治療の流れイメージ4
    4.インプラントと骨がくっつくのを待つ

    手術後、1~4ヶ月※の治癒期間をおくことで、インプラント(チタン)と周囲の骨が強い力で結合し、安定します。この期間、見た目だけを補う仮の歯を使用できます。


  • 治療の流れイメージ5
    5.人工歯装着(※噛めるようになります)

    インプラントに人工の歯を取り付けます。形や色などは患者様に合わせて作製します。
    もちろん患者様の歯に合わせた、白い素材で作ることも可能です。
    一度固定されたインプラントが抜けることは滅多にありません。


  • 治療の流れイメージ6
    【その後】定期健診(年2回~)

    インプラントはご自身の歯と同じということは、歯磨きやメンテナンスを怠ると同じように抜けてしまうと言う事です。
    神経がないので、問題があっても自覚症状がなく、なおさらです。インプラントドクターがインプラントのお掃除、増し締めを行います。



そもそもインプラント治療って?

インプラント治療(人工歯根埋入術)とは?

歯を失うということ-。それは歯を支えている「あご」の骨まで失っているということです。

歯痛イメージ

私たちは歳を重ねるにつれ、虫歯や歯肉の病気、あるいは事故などで歯を失うトラブルに見舞われることがあります。
たった1本の歯を失うことで、歯の機能と審美性が崩れ、食事の時や外見上で不都合を感じるようになってしまいます。


「硬いものが食べれず、おいしく食事がとれない」

「恥ずかしくて、笑ったり歯を見せることが苦痛」

「入れ歯が合わなくて痛い、お手入れも大変」


インプラントは、その失われたご自身の天然歯と同じような使用感の歯を再び手に入れることが可能です。


インプラント治療のメリット・デメリット

インプラントのメリット

・ご自身の歯のように噛める
・歯肉はご自身のものなので、おいしくご飯が食べられる
・定期的メンテナンスは歯磨きと年2回のご来院だけ


インプラントのデメリット

・ご自身の歯のようにメンテナンスを怠ると抜け落ちる
・高価である
・手術が必要である
・治療期間がかかる


インプラントの歴史

紀元3世紀 歯科インプラントという発想が生まれる-

このころにヨーロッパで埋葬された人骨から、鉄製のインプラントが下あごに歯の代わりとして使われているインプラントが発見されたり、南米では紀元7世紀ごろの人骨から貝殻で作られたインプラントが発見されています。

その後中世から近代にいたるまで、サファイヤや金などの宝石でインプラント治療が行われいたようですが、普及しなかったのはおそらく実用的ではあまりない治療だったと推測しています。

ブローネマルク博士とオッセオインテグレーション

1952年 偶然の発見による近代インプラントの始まり-

スウェーデン出身の科学者ペル・イングヴァール・ブローネマルク(1929-2014)は血液の研究のため、ウサギの足にチタン製の生体顕微鏡を取り付け研究を行っていました。
研究が終わり、ウサギの足からチタン製の器具を外そうとしたときにチタンと骨がくっつき外せなくなってしまっていました。

調べてみると、チタンと骨は生体組織が拒否反応を起こさずに互いに結合する現象を発見し、
その現象を「オッセオインテグレーション」と名付けました。

1965年 世界初の純チタンによる近代インプラントシステムの臨床を開始

最初の患者は先天性歯牙欠損のヨスタ・ラーソンという34歳の男性で、上下の顎に世界で初めてインプラント治療を受けました。
その後、彼がなくなるまでの41年間そのインプラントは問題なく機能しました。

その研究を礎に、さまざまな企業が、より高品質なインプラントを開発し続けています。


第3の歯「歯科用インプラント」

歯科用インプラントイメージ

一昔前までは第3の歯は【乳歯→永久歯→入れ歯】とされてきましたが、

現在では【乳歯→永久歯→インプラント】と呼ばれるほど、世間では定着してきました。





当院の治療内容